四か月

ぺこちゃんのしっぽ comments(2) trackbacks(0) ray

 

ぺこちゃんが来てくれて 四か月が過ぎました

 

 

 

ぺこちゃんの身体から想像するお話です

 

 

 

初めてのヒートから交配させられ 早めに子供を離し

 

またすぐのヒートで交配を繰り返し

 

出産のために 栄養価のあるものもらえず

 

弱ってきたので 山に捨てられた

 

 

食べ物も 休むところもなく 放浪し どこへ行けばよいのかも分からず

 

また出産してしまい、お乳など出るはずもないのに 子供たちは必死に吸い付き

 

血液も体液も吸われるようだった

 

野犬として捕獲されるのも恐怖だった

 

生を受けてからから 全てが恐怖だったのではないか?

 

 

子豚さんがセンターの情報で見つけ 迎えに来た

 

身体を拭いて Uママさんのところに連れて行ってくれた

 

 

Uママは病院 毎日シャンプー 一日何度も目薬をつけてくれて

 

優しく 優しくしてくれました

 

平野動物病院の先生 かのんぽママさん ちょび丸おはぎママさん チーム子豚の皆さんに優しくしてもらい

 

 

 

パパ ママ れい ぺこ の四人家族になりました。

 

 

優しい 美味しい 気持ちいい 嬉しい 暖かいを 子豚さんと出会ったところから感じ 覚えていきます

 

 

お尻尾も だんだん振れるようになりました

 

夜散歩でテンションがあがり れいと「じゃれあう」感じになりました

 

 

 

うつむいているぺこちゃんを迎えたとき このままだったらどうしよう・・・

 

と不安になったけど、四か月でこんなに家族になってきました

 

 

お散歩はたのしい

 

 

ぺこ

 

 

 

 

 

 

  • 0
    • Check

    スポンサーサイト

    - - - スポンサードリンク
    • 0
      • Check
      コメント一覧

      管理者の承認待ちコメントです。

      • -さん
      • 2017/11/29 3:20 PM

      管理者の承認待ちコメントです。

      • -さん
      • 2017/11/29 10:52 PM
      コメントする

       

      トラックバック

      この記事のトラックバックURL

      無料ブログ作成サービス JUGEM